[速報]東京新聞の「抗体検査5.9%陽性」という報道は誤解を与える危険性が。 専門家「道義的責任は重い」

1 膝靭帯固め(東京都) [KR] 2020/05/14(木) 16:54:48.59

東京新聞は5月12日、朝刊3面に「『誤解を与える』批判について」と題した、杉谷剛社会部長の署名記事を掲載した。
新型コロナウイルスについて4月30日の朝刊1面トップで報じた「抗体検査5.9%陽性 市中感染の可能性」という記事が
「一般の人たちの5.9%が感染したことがあるとの誤解を与える危険性がある」との批判を重く受け止めるという内容の記事だ。

東京新聞の4月30日の記事に対して、京都大学のウイルス・再生医科学研究所の宮沢孝幸准教授は、すぐ電話をかけて訂正を求めたという。

宮沢准教授はBuzzFeed Newsの取材に「掲載したことの道義的責任は重い」と指摘した。記事の何を問題視したのか。

東京新聞「抗体検査5.9%陽性」の報道が誤解を与える危険性認める。専門家「道義的責任は重い」
https://www.buzzfeed.com/jp/yutochiba/covid-19-antibody-test-tokyo-np

2 アンクルホールド(東京都) [ニダ] 2020/05/14(木) 16:55:18.05

埼玉県警捜査3課は14日、東京、千葉、埼玉など1都9県で空き巣を繰り返したとして、窃盗と住居侵入の疑いで、
韓国籍の埼玉県川口市幸町、無職、キム・サンベ被告(36)=窃盗罪などで起訴=をさいたま地検に追送検し、捜査を終結したと発表した。

県警は204件の空き巣についてキム容疑者の関与を確認しており、被害総額は約1億5500万円に上るとみている。

追送検容疑は、平成29年1月から昨年11月までに、千葉市花見川区の民家など198カ所に侵入し、
現金約6千万円や貴金属など1762点(時価計約3千万円相当)を盗んだとしている。容疑を否認しているという。

https://www.sankei.com/smp/affairs/news/200514/afr2005140011-s1.html

4 フライングニールキック(兵庫県) [US] 2020/05/14(木) 16:56:02.04

東京スポーツなら許されたのに東京新聞は何故ダメなのか

10 膝靭帯固め(東京都) [KR] 2020/05/14(木) 16:59:36.68

2つ目は、検査を受けた人の「バイアス」の問題だ。

この調査は検査を希望してクリニックを訪れた人を対象にしているため、
ある母集団から無作為に対象を抽出して行う調査よりも、陽性率が高くなることが推測される。

また、検査の実効性を証明するためには、新型コロナが流行する以前の血液の抗体検査と比較し、
その反応を検証することが必要だが、今回の調査ではそうした比較は行われていない。

こうした条件に留意しないまま単純に「5.9%」という陽性率を見ても、
「事実としてどのような人を何人を調べて、こういう結果が出たということは言えますが、その結果からこうしたことが解釈できるということは、何も言えない」と、
宮沢准教授は指摘する。

「こうした調査結果が一人歩きしてしまうことは非常に危険だということで、(医療関係者は)みんな慎重に取り扱っています。
しかし、そんな中で、これを1面トップに持ってきてしまうことは問題です」

「国立感染症研究所や日本感染症学会がその実効性について疑義を呈した検査キットを用いた調査を、
検査の限界への言及もなく掲載してしまうのはいかがなものか。掲載することの道義的責任は重いものです」