[衝撃]日本一短い川の「ぶつぶつ川」 大水害時は「命の水」に 和歌山 [ヒアリ★]

1 ヒアリ ★ 2020/07/30(木) 19:01:36.53

日本一短い川の「ぶつぶつ川」 大水害時は「命の水」に
7/30(木) 13:24
配信 朝日新聞

昨今の豪雨による水害からは、人間と河川との付き合い方を考えさせられる。普段は穏やかに見える川が「暴れ川」に姿を変えることもあれば、水不足時に命の水となることもある。

【写真】ぶつぶつ川の川底から湧き出る気泡を指さす畑中利之さん(右)と桑原暁一さん。「みずのみば」の看板は一昨年6月、地元の下里小学校の児童らが地域学習の一環で取り付けた=2020年7月16日、和歌山県那智勝浦町

数ある川のうち、日本一長い川は信濃川(全長367キロ)。では日本一短い川は? 答えは、和歌山県那智勝浦町の粉白(このしろ)地区を流れる「ぶつぶつ川」だ。河川法に基づいて指定された川としては最も短く、全長13・5メートル、川幅は1メートル前後。水深30センチに満たない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c354b208a87ab6746df8440a7e0d89179816b934

2 不要不急の名無しさん 2020/07/30(木) 19:03:31.00

NIPPON一広い池とNIPPON一狭い湖の違いを教えてヱロい人!

3 高篠念仏衆さん 2020/07/30(木) 19:03:57.06

ぶつぶつぶつぶつアウトコースの高速スライダーの、高めの釣り球がぶつぶつぶつぶつ……🙏

4 不要不急の名無しさん 2020/07/30(木) 19:05:13.25

物々交換

5 不要不急の名無しさん 2020/07/30(木) 19:06:37.46

スレタイアホ過ぎ

6 不要不急の名無しさん 2020/07/30(木) 19:08:13.61

「こころ旅」で見た。

7 不要不急の名無しさん 2020/07/30(木) 19:13:07.07

>>5
元記事と同じだが

9 不要不急の名無しさん 2020/07/30(木) 19:37:04.71

ぶつぶつ独り言言う川なのか

10 不要不急の名無しさん 2020/07/30(木) 19:38:33.22

日本一に在日は誰?

11 不要不急の名無しさん 2020/07/30(木) 19:38:42.89

こんな海に近いとこに水が湧くんだな
北の山か西の川からの伏流水なんかな

13 不要不急の名無しさん 2020/07/30(木) 19:53:17.86

蓮コラみたいな

14 不要不急の名無しさん 2020/07/30(木) 19:59:24.89

こういう地域の水場は余所者に知らせちゃダメだよ。
ほんというと地域の公衆温泉も余所者がズカズカ行くのはちょっと遠慮すべき。

15 不要不急の名無しさん 2020/07/30(木) 20:08:08.58

川なのか?
用水路みたいなもんだろ

19 不要不急の名無しさん 2020/07/30(木) 20:57:13.16

>>10
お前…助詞の使い方ぐらいきちんとしろや

20 不要不急の名無しさん 2020/07/30(木) 20:57:46.54

>>14
知らせるも何も…

21 不要不急の名無しさん 2020/07/30(木) 20:58:12.90

>>18
さすがにそれは無い

22 不要不急の名無しさん 2020/07/30(木) 21:44:04.07

ワシのぶつぶつチンポもしごくと何かが涌き出てくるぞい

24 不要不急の名無しさん 2020/07/30(木) 22:04:19.25

日本一ヤバいよヤバいよーの「出川」
カリっと焼いたのを塩かけて「とり川」

25 不要不急の名無しさん 2020/07/30(木) 22:06:26.46

♫命の水だ~
ポンジュース~

28 不要不急の名無しさん 2020/07/30(木) 23:17:47.49

いいから玉手箱持ってこい

30 不要不急の名無しさん 2020/07/31(金) 02:34:22.78

>>29
透視乙

32 不要不急の名無しさん 2020/07/31(金) 12:18:32.05

>>19
在日王パヨチン

34 不要不急の名無しさん 2020/07/31(金) 23:37:30.88

いまどき大堤防とか本末転倒にもほどがある。
風光明媚な自然環境こそ唯一無二の価値がある。

土砂崩れや浸水しない所に集住して、そこから沿岸部や低地に通勤すればいい.
活動時間の冠水なら即座に避難できる。

浸水する所は栄養豊富になるため、遊水地の水田域にするのが最適解。
いざ冠水しても共済で補償される。

遠距離の大量輸送に適するのは、鉄道や船舶。
国内で比較的安全な地形の集住都市同士を、鉄道と船舶で繋ぐ。